転職期間中はとても大変でした。

2016年12月9日

<この記事の読了時間:約1分>

最新情報を随時更新していくので
ぜひブックマークをしておいてくださいね

0

転職期間中はとても大変でした。
転職求人サイトを見て、意外と多く求人があると思い当時は軽く考えていて退職しました。
初めての転職、学生の頃のフレッシュな感じとは違い、「今何ができるのか」を求められていて、未経験歓迎♪と書いてあっても未経験を取る会社なんてめったにないし。

学生の頃の就職活動はすんなりと行ったので、こんなに苦労すると思ってませんでした。

何かしらのキッカケで、転職を支援してくれる大手の会社と出会いそこが紹介してくれるところにも面接に行きましたが、こちらの希望、向こうの希望に合っていなくても数打てば当たると思っているような感じでした。のちに仲介手数料の話を聞きましたが、その会社にとってはお金を得るための「物」だったのだと思いやめました。
ネットに書いてあることも、人を引き付けるための広告でしかないということも勉強になりました。

昨年ごろから、厚生労働省がかかわっている若者キャリア応援制度という、若年層の転職や就職を斡旋するシステムがあることを知り、某会社のところをこれしかないと思い受けてみました。
ワードやエクセル、マナー講座もあり、企業側から会社説明をしに来てくれるイベントなどもあり、たくさんの企業を知ることができました。
そこで職を見つけたわけではありませんが、そこで学んだことが今の仕事につながっているので、過程点としてとてもよかったと思っています。