現在33歳ですが、31歳の時に転職しました。

2016年12月9日

<この記事の読了時間:約1分>

最新情報を随時更新していくので
ぜひブックマークをしておいてくださいね

0

現在33歳ですが、31歳の時に転職しました。
前職はシステムエンジニアをしており、自社製品のWidowsアプリケーションソフトの開発を行っていました。社内ではその後、ネットワークエンジニアとして社内ネットワークの構築・運用・管理を行っていました。
開発を行っているときは、アプリケーションソフトのバージョンアップ前の忙しい時期などは毎日残業4、5時間をし、休日も毎週のように出勤していました。体力的には20代でしたので大丈夫でしたが、この業界を40代、50代になっても続けられるだろうかと不安になり転職を考え始めました。実際、ベテランの社員さんなどは体力の限界がきて入院して休業、その後退職を何人も見てきました。そのような現状を見て30代のうちにIT業界ではなく、別の職種に転職しようと考えました。別の職種の転職を考え、でも今までIT業界で身に着けた技術、知識も無駄にせず使用できる業界を探し、パソコンで仕事をする行政書士になろうと決め準備をしました。法律の知識はなかったので在職中に資格の学校に通い資格を取得しました。その後いろいろ業界のことを調べ転職して現在に至ります。転職するときは勢いで転職するのではなく在職中からしっかりと計画をたて準備をした方が転職後もスムーズにいくと思います。