求人サイトに書いてあることは7割嘘だと考えた方がいいと感じました。

2016年12月9日

<この記事の読了時間:約1分>

最新情報を随時更新していくので
ぜひブックマークをしておいてくださいね

0

前職は出版社で営業の仕事をしておりましたが、月の平均時間外労働が150時間を超え、多い時は200時間を超えることもしばしばありました。
また、産休・育休制度もあるという説明を受け入社したのですが、実際には「営業は結婚したら辞めろ」と言われ、過剰な労働と上司への付き合いを強制されました。
転職を決意し、営業アシスタント職への応募で現職に就いたのですが、仕事内容は転職サイトに記載のあったものと違っています。営業アシスタントとして電話・来客対応、書類作成等がメインと書いてありましたが、実際は完全な営業職です。残業も月10~20時間というお話しでしたが、50~60時間以上はあります。また、給料に関しても試用期間の6ヶ月を過ぎたら見直しで上げるという条件での入社でしたが、そちらもありません。実績についてはノルマ等以上は出していますし、他の営業の方のフォローも行っている状況です。
転職サイトは女の転職@typeを利用しました。私の後に営業事務の募集を行っていたので、もともと営業アシスタントはアシスタントではなく営業職の募集のカモフラージュだったと思っています。
求人サイトに書いてあることは7割嘘だと考えた方がいいと感じました。