大学を卒業してからは、某半導体会社へ就職し27年もの間、勤め上げてきました。

2016年12月9日

<この記事の読了時間:約2分>

最新情報を随時更新していくので
ぜひブックマークをしておいてくださいね

0

大学を卒業してからは、某半導体会社へ就職し27年もの間、勤め上げてきました。
けれど近今の半導体不況に伴い、会社の業績は悪化する一方で、
50歳以上を対象に早期退職制度が引かれました。
自分もこの対象に漏れず該当し、上長と何日間に渡りかなりの
押し問答が続きましたが、最後は自分の根負けで早期退職を受諾。
かわりに少ない退職金と再就職支援会社 数社の斡旋をしてもらいました。
数社の担当者様全員ととりあえず面談をし、その中でこの人なら私をグイグイ引っ張って行ってもらえそう、と感じたマンパワーライトマネジメント(以下、MPと示します)でお世話になることに決めました。
MPでの最初の作業は、自己分析をする事からでした。
どうして自分は今、ここに居るのか?
自分とはどんな人間なのか?(企業へ売り込む際に重要な事項です)
得意なものと不得手なものは?
これからの人生をどう考えているのか?
などなど・・。時にはグループごとの討論会まで行いました。
やがて、進むべき方向性が定まったら、ようやく仕事探しに着手します。
MP事務所内に数台設置されているノートPCでMP宛に募集が来ている
案件を新着順に探していくのです。
その中で、「役員運転手」の募集に私の目に留まりました。
私は、2種免許も持ってなければ、接客の経験も皆無です。
何せ、大学卒業以来27年間工場内のデスクワーク専門でしたから。
それでも、車の運転だけは丁寧な運転に自信があったので、
ひょっとしたら行けるのではないか!と閃いたワケです。
MP担当者の方にその話をすると、この職業はほぼ100%がタクシー運転経験者でサラリーマンが太刀打ちできる仕事ではない!とのこと。
受けてみたいとお願いをしましたが、これまでも何人かが受けているが
誰一人として受かったためしが無い!とのことで一蹴されてしまいました。
それから2ヶ月ほどが過ぎました。
自宅の新聞の折り込み広告に、一蹴された会社の一般募集が載っているではありませんか?!
この広告を持って再びMP担当者の元へ伺いました。
ダメ元で一度受けさせて欲しい・・と。
今では、この新しい会社で既に2年目を楽しく過ごしていますが、
あの時の決断は正しかった!と今でも思っています。
もしも、MPさんが言うようにきっとダメだよなぁー・・と諦めていたら
今の自分はありませんでした。
私も一家4人を養っている身です。
生活が掛かってましたから、しつこいぐらい喰らいついていかないと
ダメだよなぁーって思います。
再就職、転職・・決して楽ではありません。
街中で、就活生を見るとあのパワー、労力はそうとうなモノです。
仕事を替える・・イコール、相当な心労、苦労と労力が必要なのです。
50歳を越えると、その大きさはさらに膨らみます。
古い言葉ですが、ハングリー精神でダメ元でも立ち向かわなければ
開ける道も開けない・・今回の転職でつくづくそう感じた次第です。